ジャンクで購入したX250のWiFiカードを交換するの巻

| コメント(0) | トラックバック(0)

先日ジャンクでゲットしたX250には、「Intel Dual Band Wireless-N 7265」が付いたのですが、それを交換したというリポートです。

メインマシンでもないのに、何のためにスピードアップさせるのでしょうか。自分でもよくわかりません!

付いていたアダプターは↓

devmgmt-1.png

Windows10では以下のように認識します。

デュアルバンド対応のものは、5GHzで接続できます。ただし802.11acには非対応で、802.11nまで。

wifi-n1.png

リンクアップ速度も300Mbpsまで。

wifi-n2.png

さて、Intel 7265シリーズのラインナップは以下のとおり、

  • (デュアルバンドでない)Wireless-N 7265(2.4GHzのみ対応・5GHz非対応・最大300Mbps・2x2)
  • Dual Band Wireless-N 7265(2.4GHz・5GHz両対応・最大300Mbps・2x2)
  • Dual Band Wireless-AC 7265(2.4GHz・5GHz両対応・最大867Mbps・2x2)

があり、当機はちょうど真ん中のグレードに当たります。

「Wireless-N 7265」の実測値は、HTTPスループットでだいたい250Mbps、宅内NASへのネットワークアクセスでも240Mbps程度なので、規格理論値の8割程度をマークし、良好な通信品質といえます。

7265n.png

しかしながら実用面では、NASへのアクセスが240Mbps→30MB/sとUSB2.0程度の転送速度にとどまり、USB3.0が当たり前になっている昨今では少々見劣りします。

サブマシンなのでそれでも十分のスペックなのですが、無性に「ac」対応させてみたくなりGoogle先生に教えを乞うも、あまり試している人はない模様。

それもそのはず。acの性能が必要な人は最初からacアダプタを積んだThinkPadを買いますよね。。

気を取り直して、、LENOVO対応を謳う「Wireless-AC 7265」カードはさほど高いものでもないことがわかったので、AmazonからLENOVO純正のものを取り寄せてみました。

devmgmt-2.png

早速取り付け。「アンテナが対応していないのでだめでした」みたいな展開も内心期待?していたのですが、結果あっさり認識して、867Mbpsのリンクアップに成功。

wifi-ac1.png

↑AC対応になりました。

wifi-ac2.png

↑866.7Mbpsで接続できました。

NASアクセスも80MB/sほどにアップ。つまり640Mbps程度は確保できているので、やはり規格理論値の8割弱の通信速度を得ることができています。

7265ac.png

といっても何かの作業をするパソコンではないので、ただ867Mbpsで接続した画面を見たかっただけ。。

ちなみにWireless-AC 8260を搭載したX270で試した結果は↓

8260ac.png

7265とほぼ同じ結果でした。

ルータやNASの性能にも依存すると思われますが、7265ACと8260ACに大差はないものと推察されます。

ここまでの出費:約23,000円

本体:5,000円

SSD:5,000円相当(500GBのもの。デッドストックより捻出。)

RAM:3,000円相当(DDR3L-12800 8GBのもの。デッドストックより捻出。)

LCDパネル:7,000円(1920x1080 FHD IPS液晶)

WiFiカード:3,000円(Intel Dual Band Wireless-AC 7265)

そろそろやめておかないと、ジャンクを安く買った意味がなくなりそう。

でも、そもそも当初の購入目的が「ミニ四駆的にいじること」だったので、もう費用対効果とかそういう次元の話ではないのです。

追伸:X240の場合は7265ではなく、7260が適合すると思われます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yamais.net/mt6/mt-tb.cgi/290

コメントする

アーカイブ