PCを回復できません システムドライブが小さすぎます

| コメント(0) | トラックバック(0)

Windows10で「回復ドライブ」を作成したのに、いざ回復しようとしたら「PCを回復できません。システムドライブが小さすぎます。」と出て、アッサリ詰んでしまうことがあります。

結論からいうと、「回復ドライブ」を作成したときとは違うHDD/SSDで回復しようとすると、こうなるみたいです。

「回復ドライブ」で作成したメディアが、作成したときのHDD/SSDの容量を記憶しているようで、それより小さい容量のHDD/SSDへリカバリーしようとするとNGになることがある模様。

どこに記憶しているのだろうとメディアを弄ると、幸いなことに、回復ドライブで作成したメディアの中にあるファイル数はそんなに多くない。

ResetConfig.xmlを見てみると、<MinSize>という項目にそれらしき数字が入っています。

この数字を、おかしくならない程度の数値に書き換えることで、標記のエラーは出なくなるみたい。

Windows10を初期状態に戻す場合、ハードウェアに致命的な問題がないかぎりHDD/SSDからリカバリーできるので、わざわざ回復メディアを使ってリカバリーするということは、HDD/SSDに何らかの障害が生じ、交換せざるを得ない状況が想定されます。

OSのライセンス的にも、障害対応等でパーツの一部(HDD/SSD)を交換することは問題ないはずです。

この仕組みはおそらく、当初より小容量のストレージへ復元しようとして途中で失敗することを避けるためと考えられますが、作成時のストレージ容量をもとに評価するのではなく、回復メディアから展開した後に必要となる容量と比較するとか、もうちょっと親切な仕様にしてもらえるとありがたいと思いました。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yamais.net/mt6/mt-tb.cgi/284

コメントする

アーカイブ