ThinkPad関係ベンチマーク(続き)

| コメント(0) | トラックバック(0)

ベンチマークついでに他のやつもアップしておきます。

計測したのが最近でないものもある点ご了承ください。

使用したソフトはCrystal Disk Markです。

TOSHIBA THNS128GG4BAAA
単位(MB/s)ReadWrite
Seq(Q32T1) 224.3 117.9
4K(Q32T1) 18.09 17.28
Seq 210.5 122.3
4K 12.51 12.84

↑X201で測定。このSSDはT400sやT410sで採用されていた1.8インチのタイプです。

その後、X201などの2.5インチ仕様のThinkPadに、1.8→2.5インチ変換アダプタを履かせて搭載されている機種もあったようです。

TOSHIBA THNSNC128GCSJ
単位(MB/s)ReadWrite
Seq(Q32T1) 190.9 182.6
4K(Q32T1) 17.49 39.49
Seq 189.2 183.9
4K 16.22 32.92

↑ThinkPad X220(Core i5 2520M Win7 Pro 32bit 4GBRAM)で測定したもの。

前出と同じ東芝製ですが、こちらのほうが新しい世代のもので、X220やT420sのSSDモデルによく搭載されていた機種です。

前の世代のものに比べて、読み込み全般がやや劣っているように見えます。(誤差かも?)

一方、書き込みがかなり強化され、ランダム性能も向上しているようです。

Intel SSDSA2M080G2GC
単位(MB/s)ReadWrite
Seq(Q32T1) 252.4 78.49
4K(Q32T1) 155.9 43.32
Seq 243.5 78.23
4K 15.84 17.20

↑こちらはIntelの初期型のSSDです。

ThinkPad X201(Core i5 520M Win7 64bit Pro 4GBRAM)で測定。

シーケンシャルリードに強いのが特長。

書き込みは控えめですが、初めてHDDから交換したときは本当にびっくりしました。

Intel SSDSC2BW120H6
単位(MB/s)ReadWrite
Seq(Q32T1) 493.9 223.0
4K(Q32T1) 149.8 203.9
Seq 439.0 222.1
4K 19.62 40.95

↑ThinkPad T420s(Win7 HomePremium 64bit 8GBRAM)で測定。

比較的新しい世代のSSDで、さすがにシーケンシャル、ランダム、読み書きともに良い数値が出ています。

X220、T420、T520系はSATA3(6Gbps)に対応しているようで、このあたりのSSDを入れてあげれば、まだまだ現役機として活躍させることができますね。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yamais.net/mt6/mt-tb.cgi/274

コメントする

アーカイブ