ThinkPad T400 に Windows8.1 をインストールする

| コメント(0) | トラックバック(0)

と、いうことで、タイトルのとおりです。

目的

  • 相変わらずWindows8のライセンスが余っているので、それを有効活用する。→安いうちに買ったやつです。でも、どうせ新しいPCを買うときにプリインストールのを選ぶだろうからライセンスは肥やしになっちゃうんじゃないかと思いきや、こういう用途もあるから結果として買っといてよかった。
  • ThinkPad T400がどこまでがんばれるのか検証する。→結果から先にいうと、スペック的には割と問題なかった。どちらかというとネックはデバイスドライバ等、ソフトウェアレベルでの問題により苦労するところが多かった。
  • Windows8およびWindows8.1のトレーニング。→プリインストールのパソコンをいじるよりも、基本的にサポートされてない機種でいろいろ弄るほうがトラブルシューティングの訓練になるかと思いまして。

ターゲットとなったThinkPad T400のプロファイル

  • 型番:2764-26J(詳しくはメーカーカタログご参照ください)
  • CPU:Intel Core2 Duo T9400 2.53GHz→一応Tシリーズでモバイル向けですが、低電圧版ではありません。二次キャッシュは6MB、FSBは1066MHz。
  • チップセット:モバイルインテル GM45 Express
  • メモリー:4GB(2GB×2本)→デフォルトは2GB1本。この機種はカタログ上MAX4GBとありますが、8GBまでいけるらしい。
  • HDD:Intel SSD 160GB(X-25m)→デフォルトは250GB/5400rpm。
  • グラフィックス:スイッチャブル・グラフィックス(内蔵はIntel GMA 4500MHD、ディスクリートがATI Radeon HD 3470)
  • 無線LAN:Intel Wireless WiFi Link 5300AGN(3x3)
  • 有線LAN:Intel ギガビット対応
  • その他:液晶は1440×900で広く、LEDバックライトモデル。Bluetooth V2.1 EDR、内蔵カメラ、PCMCIAカード、Expressカードに対応。

Windows8.1導入までのメモ

  • 私の手持ちのディスクは当初の8版だったので、一度8を入れて、すぐに8.1にアップした。8.1へのアップは指示通りやるだけで簡単ですが、3GB以上あるので固定回線でDLすることを推奨します。
  • 大体のドライバはOSデフォルトドライバがあたりました。私の場合以下4つが当たらなかった。→Intel AMT関係が2つ、ターボメモリー関係1つ(PCIメモリコントローラーと出る)、指紋認証関係。これらはLENOVOのサポートサイトから、ダウンロードしてがんばります。
  • その他、ホットキー関係、UltraNav関係、省電力関係等、お好みでインストール可能。エラーが出る場合は、互換モード(Windows7指定)でがんばるしかない。かなり強引な感じですが、いまのところ致命的なエラーは確認していません。
  • この機種は、スイッチャブルグラフィックスですが、いまのところそれをうまく機能させることはできていません。BIOSでIntelとATIの切り替えができるので、そこで切り替えれば、それぞれのグラフィックスは普通に機能してくれます。

Windows エクスペリエンス インデックス(Intel 内蔵グラフィックス)

  • 基本スコア:3.4
  • メモリ:5.9
  • プロセッサ:6.2
  • グラフィックス:4.2
  • ゲーム用グラフィクス:3.4
  • プライマリ ハードディスク:7.7

Windows エクスペリエンス インデックス(ATI Radeon)

  • 基本スコア:4.4
  • メモリ:5.9
  • プロセッサ:6.2
  • グラフィックス:4.6
  • ゲーム用グラフィクス:4.4
  • プライマリ ハードディスク:7.7

T400とはあまり関係なく、Windows8.1個別にびっくりすること:今回もいろいろとヤラカシがあって困りました。

  • 「Windows エクスペリエンス インデックス」をシステムのプロパティから参照することができなくなりました。→でもその実体である「WinSAT.exe」は残っているので、それを個別に叩けば実行できます。結果は「C:\Windows\Performance\WinSAT\DataStore」以下にXML形式で保存されています。げえー・・・。
  • 無線LAN関係のプロファイルも、相変わらずコマンドプロンプトからがんばらないといけない。「netsh wlan show profiles」のように。GUIはあくまでエンドユーザ向け、管理段階ではCUIでがんばれ、というMSからのメッセージを感じます。
  • あとは・・・ちょっと時間がないので、後日思い出して追記するかもしれません。

感想

  • Windows8.1、、、慣れるまでがんばる。。。
  • Windows8.1@T400の稼働は十分可能だと思います。もっさり感もなく、起動終了もスムーズ。公式にサポートされない機種なので導入は大変ですが、一度入れてしまえば問題なさそうです。ただし、頻繁にリストアするのは面倒臭いので、本格的に運用するとなると、バックアップ機能などを活用しないときついかも。
  • この記事もT400で書いてるんですが、なんかT420sより打ちやすい気がする。どうしよう。T60→T61(T400とほぼ同じ筐体)に乗り換えたときに「イマイチな打鍵感!」と思ったものですが。そもそも、T60もT61もT400もキーボードの仕様は共通で、ロット差こそあろうが似たようなもののはずなんですが、、、筐体の作りって大事なんですね。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yamais.net/mt6/mt-tb.cgi/251

コメントする

アーカイブ