Windows8はどうしてこうなったのか

| コメント(0) | トラックバック(0)
最近仕事を含め、Windows8をいじる機会が増えています。
不本意ながら (失敬)、IE10も然り。

それにしてもWindows8はどうしてこんなことになったんだろう。。。

WindowsXPの時も重いだなんだといろいろ言われていたけど、クラシックモードにすればがんばれたし、じきにデフォルトの画面にも慣れた。
徐々にデバイスドライバ等も安定してきて、最終的にはなかなかいいOSになった。

VistaはおそらくMicrosoft的にも「なかったことにしたい」んだろうと思うくらいにひどかった。

が、そのマイナーアップみたいな形で出てきたWindows7は、Vistaがひどすぎたせいもあってか、登場時から「まだ許せるOS」だったし、Windows8時代の今となっては、「・・・7はよかった」みたいな声も少なくない。
Windows8が出てしばらく経った今でも、「パソコン買い換えたいんだけどWindows7が入ってるやつってもう普通には売ってないんだよね?」といった質問もしばしば受ける。

これらのことから自分でも薄々気づいているんだけれど、OSの評判って、時間が経つにつれて「ユーザ側の慣れ」と「OS側のバグフィックス&成熟度」によって、少しずつ改善していくんだと思う。

登場から時間が経つにつれてバグもつぶされていくし、アップデートを経て使い勝手も改善されていく。と同時に使う側も使っているうちに慣れていく。

その結果、OSへの不満はしだいに小さくなっていくんだと思う。(それにしてもMEやVistaは例外だったかもしれないが)
本質的な問題解決になっているのかどうかよくわからないけれど、そんなもんなのかな、と。

・・・結局何が言いたいのかというと、Windows8に関し、
スタートメニューがなくなってびっくりしているよ!
・ WindowsPCはスマホやタブレットとは違った使い方をしたいので画面構成はふつうな感じでいいのに!
・ 慣れるしかないね!
言いたいことはたぶんこの3点です。

とはいえ、グズグズ言っててもしょうがないし、今年中にはWindows8.1とかも出るそうなんで、遅ればせながらプライベートのメインOSもWindows8にしてがんばっていきます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yamais.net/mt6/mt-tb.cgi/242

コメントする

アーカイブ