御成門行き

| コメント(0) | トラックバック(0)

都営三田線でたまにみかける「御成門行き」。

輸送障害等ダイヤ乱れ時に、高島平方面から目黒方面行きの一部列車に設定される。

遅れた列車を白金高輪や東急線方面に送り込まずに御成門で打ち切って、高島平方面へ折り返してしまおうという寸法。

芝公園、三田、白金高輪とわずか3駅だけ手前で打ち切るのだが、混乱時の三田線のダイヤ回復に大きく貢献しているように見える。

ダイヤ「乱れ」になる前に、うまく運転整理をこなしているようだ。

御成門止まりの列車は、同駅芝公園方にある折り返し可能な待避線に押し込まれ、適時高島平方面へ折り返していく。

かつては定期ダイヤでも設定されていたと思うが、東急目黒線への直通が増えたり、目黒線での急行運転が始まったりのタイミングで、最終的には消滅してしまった。

高島平方面からの利用客は御成門行きでは三田までたどり着けないため、定期ダイヤで設定があった時代、とくにありがたみのない行き先だったかもしれない。

最近では、御成門行きが走っていたら、何らかの理由で列車遅延が生じていることがわかる。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yamais.net/mt6/mt-tb.cgi/239

コメントする

アーカイブ