削除しても復活してしまうフォルダがあって困っています

| コメント(0) | トラックバック(0)

久しぶりに更新、と思いきや、表題のとおり、PCネタです。

私自身が実際に遭遇して困った案件。

いろいろ弄って解決したのですが、ネットではピンポイントな情報がなかったので、ここに情報共有しておきたいと思います。(あ、私の検索方法がだめだめだった可能性はあります)

最近ひじょうに忙しいので、丁寧じゃないかもしれません。ご容赦ください。

意味不明等々ありましたら、コメントください。

【現象】

デスクトップに作成したフォルダ「YYYYMMDD_XXX」が不要になったため削除したが、気が付くと勝手に復活している。

→検証の結果、Windows起動のタイミングで発生していることが判明。

【環境】

Let's note SX1 (SSDモデル)

Windows7 Professional (64bit・日本語)

Windows Update等最新状態、ウィルス対策等問題無し

【対応】

他のユーザアカウント (もちろん管理者権限) でログインしてそちらから削除→効果無し

フォルダの中にファイルがあろうが、なかろうが、関係無し

→削除の方法はまったく関係なさそう。

再生するフォルダのタイムスタンプを見ると、Windows起動のタイミングだということがわかった。

→削除に問題があるのではなく、毎度フォルダが生成されていることがわかった。

セーフモードで起動して削除→効果無し

※ただし削除済みのまま電源OFF→セーフモードで起動すると当該フォルダは復活せず。

→このあたりからヒント。起動時に何かのソフトが生成しているっぽい。

【解決策】

そういえばこのフォルダ、携帯電話(ガラケー)で撮影した写真を、Let's noteにBluetooth経由で転送するときに使ったことを思い出す。

そのとき使ったプレインストールされていたBluetoothのツールを起動。(PC自体はLet's noteですが、ツールはTOSHIBA製でした)

メニューバーの [Bluetooth] → [オプション] → [Bluetooth情報交換] タブ→ [詳細設定ボタン] → [オブジェクト交換] タブ→ [受信ボックス] のところに問題になっていたフォルダ(パス名)が指定されていた!

これをデフォルト(マイドキュメント内のBluetooth系フォルダが指定されていたはず)やら、適当なフォルダ(デスクトップのルートでもよし)やら指定してしまえばOK。

【コメント】

アプリケーションが、ユーザが設定画面などで指定したフォルダを勝手に生成することはよくあることだと思う。

が、今回思ったのは、せめてファイル保存時等の適当なタイミングで生成するなり、保存するタイミングで「保存先として指定されたフォルダは存在しません。作成しますか」的なことを聞いてくれると親切だとおもう。。。

↑まあこういうダイアログがうっとうしくてしょうがないこともままあるので、難しいんですけどね。

【おわりに】

Let's noteユーザでこの現象が発生してお困りの方にはピンポイントでご参考になるかと思いますが、それ以外の方にも多少ご参考にもなるのでは、と思います。

同様の現象が発生した場合、「アプリケーションの保存先として指定されている」ラインを疑って検証してみてはいかがでしょうか。

特にBluetooth系はけっこうあやしいと思うので、上述の具体的なメニューのたどり方はさておき、似たような設定を確認してみてください。

ただし、ウィルスやワーム、マルウェアの仕業の可能性も否定できませんので、こういうアヤシイ現象が起きた際、まずはウィルスチェック等、セキュリティ周りの確認を急ぐことも忘れないようにしてください。

とりあえず、以上ー!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yamais.net/mt6/mt-tb.cgi/238

コメントする

アーカイブ