ついでのついでで・・・ヘッドクッションの交換について

| コメント(0) | トラックバック(0)

ヘッドフォンを愛用していると、イヤーパッドの摩耗は避けられないもの。

同様にヘッドクッション(頭が当たる部分)も摩耗します。

常用しているMDR-CD900はもう30年以上前のモデルなのですが、いまだにお気に入りでして、イヤーパッド、ウレタンリングはもちろん、ヘッドクッションもだめになったら交換して愛用し続けています。

このシリーズ(MDR-CD900/MDR-CD900CBS/MDR-CD900ST/MDR-7506/MDR-V6)のヘッドクッションの交換はけっこう難儀します。

というのも、イヤーパッド、ウレタンリングの交換は比較的簡単なのですが、ヘッドクッションを交換するためには、はんだ作業が必須となるからです。

ヘッドバンドの長さと左右圧を調整するためのアジャスター部分の組み立ても、慣れないと厄介な作業です。

一度やってしまえば何のことはないのですが、初回は思った以上に大変。

保守部品の調達については、MDR-CD900用(『DIGITAL MONITOR』と表記のあるもの)はすでに取扱いがありませんので、例によってMDR-7506用(『STUDIO MONITOR』と表記のあるもの)を流用することになります。

型番は「X-2113-112-1 CUSHION ASSY, HEAD」ですが、こちらもX型番となりますので、取扱いのない窓口があるかもしれません。

ちなみに上記保守パーツはヘッドクッションとLR間の渡しケーブルのみで構成されており、ヘッドバンド(弾力性のある金具部分)は含まれません。

金具やCLICK CASE、スプリング、ボール、スライダ等までを含んだ「X-2113-142-2 BAND ASSY, HEAD」を選択すれば、複雑な組み立て工程を大幅に省くことができます。

ただしMDR-CD900ST用の保守パーツなので、組み込まれているスライダは折りたためないタイプです。

折りたたみ機構を維持したい方は、やはりいったん分解して、もともとの折りたたみ可能なスライダを組み込む作業が必要となります。

また、いずれにしてもはんだづけの工程は避けられません(LR渡しのケーブルがあるため)。

はんだ付け箇所はわずかですし、取り付け部のターゲットも大きめなのでリスクは少ないと思われますが、精密な作業には違いありません。

まったく経験のないという方は、お近くの経験者に依頼するのが無難だと思います。(まあ、ダメ元でやってみるのがなかなか楽しいわけですが)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yamais.net/mt6/mt-tb.cgi/230

コメントする

アーカイブ