JR幹線はセットバックがいい

| コメント(0) | トラックバック(0)

先日、湘南新宿ラインに乗って、横浜に行きました。

新川崎?横浜の区間は、いろいろと鉄ヲタには楽しい車窓ですね。

100km/h以上のけっこうなスピードで走行しますが、京浜急行にはかなわず、並走区間で快特に抜かれるシーンも。

それでも、JRのゆるーい線路配置、雰囲気的なものがいいんですよね。

基本的に周囲との間は贅沢なセットバックになっているし、線路の位置を交換する立体交差も、やたらと余裕のある構造です。

古くからある幹線の立体交差などでは、高架ではなく、盛土を勾配にしてあるところも多々あります。

ところで、その列車の運転士さん、EB装置が「ブーーー」と鳴るのがいやだったのか、鳴らないように定期的にEBリセットボタンをぽちぽち押していました。(笑

クセになって、無意識にEBリセットをし続けるようになってしまうと、まるで無意識のうちに目覚まし時計を止めてしまうように、本来のEB装置の意味が薄れるような気がします。

もちろん、意識を失うような状況であればリセットも押せませんから、問題なく機能するのでしょうけれどね。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yamais.net/mt6/mt-tb.cgi/140

コメントする

アーカイブ