HDDクラッシュ

| コメント(0) | トラックバック(0)

昨晩、月例のバックアップ処理を行っていたところ、1台のHDDがクラッシュしました。久々・・・。

いちばん大切なデータを保管しているHDDは、1TBのHDD2台をRAID1(ミラーリング)構成としています。インタフェースはUSB2.0/eSATA。センチュリーのケースです。

ミラーリングしておけば一応の信頼性は確保できますが、ミラーリングにより回避できるリスクは、物理的なHDD障害だけであり、論理構造エラー(書き込み途中の処理によって発生するファイルシステムエラー)やヒューマンエラー(誤操作・うっかり削除)、さらにはRAIDコントローラ不具合には対応できないのです。

そういうわけで、私の場合、月に1度はこのミラーリング構成したディスクの中身を、別のHDDにフルバックアップしています。

やり過ぎという無かれ、撮りためた膨大な写真や動画、音声、作成したプログラム、執筆した文書等々、「消えてはいけないデータ」の保全のためには、致し方ないこと。

さて、昨日はその月例フルバックアップの日でした。

いつもどおりごりごりとコピーしていたところ、コピー元のHDDから異音が・・・。そのうちに、ミラーリング構成のうちの1台のほうのインジケータが、エラーを示す赤色に点滅しだしたのです。

さいわい、フルバックアップは無事終了したものの、ちょっと肝を冷やした次第。一応、もっとも重要なデータなので、一世代前のデータ(=2ヶ月前のデータ)は残っており、最悪の事態だけは回避できるよう備えてはいますが、バックアップ作業中のクラッシュというのは精神衛生上好ましくないことこの上ない!

みなさんも、かけがえのないデータの保全には十分ご注意くださいね。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yamais.net/mt6/mt-tb.cgi/127

コメントする

アーカイブ