蓼科仙境都市

| コメント(0) | トラックバック(0)

ひょんなことからふと思い出してしまった「蓼科仙境都市」。

まだ現役だったんですね。ただ、廃墟になりつつ関連施設もところもあるようで。

ずーっと昔に行ったおぼえはあるんですが、その記憶がちょっとあいまい。

  • バブルの申し子的。会員権(?)的なものがバカ高い。(うちは何かのコネで行ったんでしょう)
  • 「仙境都市」とか怪しげな名前に加え、メンバーは「市民」同士だとかなんとか、そのへんも怪しいかったような。
  • 現地までの道のりがやばい。整備不十分な砂利道とか、ガードレールのない崖道とか。しかも主要国道から分け入ることかなりの時間を要す。
  • 落石が多く(?)、時期やルートによっては道が閉ざされていることがある。
  • 標高が高いため、空気が薄く、不用意に動き回ると息切れする。
  • いたるところから雲海が望める。素晴らしい絶景。
  • 温水プールがあったような。
  • スキー場がある。夏はゴルフの打ちっぱなしになっていたような。

こんな記憶くらい。まさしく「バブルの申し子」。よくもあんな辺鄙なところ(失敬)にあれだけの施設を作って、しかも高価な会員権をばらまけものだと、感心さえしてしまいます。

今や跡形もないor整地する金もなく荒れ放題、と思いきや、主な施設は稼働しているようですし、どうやら新規会員も受け付けている模様。正気か。。。

併設された(?)小ぢんまりしたスキー場が穴場だったようですが、今は稼働しておらず、ゲレンデも木々が生い茂っているとのこと。

リゾートとしてはなかなかのものとは思います。むしろ今、興味本位で行ってみたいと思いますし。あんなに立地がよろしくない(気軽には行けない)わりに、とんでもない大風呂敷が敷かれているということに、よくわからない魅力を感じるのです。

ただ、利用したことのないひと、知識のないひとからすると、あんな山中、ふと通りがかって「仙境都市」とか看板が出てたらそれはもう間違いなくドン引き。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yamais.net/mt6/mt-tb.cgi/90

コメントする

アーカイブ