2009年10月アーカイブ

今日はコーチが仕事の都合で不在でした。ゆる?くからだを動かして終わり・・・と思いきや。

  • キャッチボール
  • 内野守備練習

今日は打撃つきで内野守備練習を徹底的にやりました。おかげで、ゴロもライナーも、失敗がほとんどなくなりました。ただ、1塁への送球がまだ甘いのが課題です。

とりあえず今週やってきた練習のおかげでそれなりに形になってきたので、来週は(といっても来週はあまりできそうにない)基礎練習を徹底して、「ケアレスミスをしないこと」を叩きこんでいきたいと思います。

あと、そろそろ油断してるとけがをする時期でしょう。これには今まで以上に気をつけないといけません。

練習メニューを公開するだけのブログが続いております。

今日は基本的に昨日と同じようなメニューです。

  • キャッチボール(肩慣らしから強めまで)
  • フライ捕球練習
  • ゴロ捕球練習
  • ピッチング?バッティング?守備のシミュレーション
  • ファーストまでのちゃんとした走りこみ
  • バント練習と守備側バントシフト

内野の守備は本当にしっかりやらないと、アウトとれませんね。逆に、攻撃側としては、大根切りでしっかり転がせば(強すぎると内野手にやられます)、走りこみでファーストまでは間に合うということです。

連日特訓!

| コメント(0) | トラックバック(0)

本日もありました。メニューは以下のとおり。

  • キャッチボール(肩慣らしから速めまで)
  • フライ捕球練習
  • ゴロ捕球練習
  • 内野シートノック(簡易版)
  • ピッチング?バッティング?守備のシミュレーション
  • バントシフト(気持ちだけ)

こんな感じです。今日は場所が広くとれたので外野まで飛ばすこともありました。

課題は以下のとおり。(山積)

  • まだ重心が高くて内野守備が甘い。
  • 捕球から送球までの体勢がよくない。
  • 前項によって送球が遅れたり乱れたりする。(ファーストでのアウトが不確実になり致命的)
  • バントの処理が甘い。
  • フライ捕球をもっと安定させないとだめ。

もうちょっとがんばれば、形になっていくと思います。

それにしても今日は本当にハードだった。なんかマラソン大会のあとみたいな感じなんですけど。

特訓のつづき

| コメント(0) | トラックバック(0)

昨日は雨で流れたので今日からまた再開。

ぼちぼち習慣になりつつあるのですが、ここまできたらもうメニューだけでも記録していこうと思います。

  • キャッチボール(慣らし?高速モード)
  • 内野守備練習

内野守備練習はかなりハードでした。打者は打つやいなやファーストに向かって走り、守備側はいかに安定的にファーストアウトをとれるか、という練習です。

速いゴロはきちんと処理しないとポロってしまうことがありますが(恥ずかしい)、塁間の短いソフトでは、ポロった瞬間にほぼ間違いなくセーフが決まってしまいます。

ゴロの対応も、野球ではバウンド見て落ち着いて捕っても間に合うことが多いですが、ソフトでうっかりそれをやるとコーチに「前!前!」って怒られます。前で捕らないと間に合わないってことです。

あと、やっぱり走者がいると、どうしても捕球?送球を焦ってしまうことがありました。まだまだ課題が多い。

蔭山・田中の鮮やかな三遊間をお手本にがんばるしかない。

20091022.jpg

今日のメニューは以下のとおりでした。

  • キャッチボール
  • トスバッティング
  • 内野ノック

これだけでも十分へろへろ。

今日はわりときちんと捕球できていました。しかしあのレベルでは・・・例によって内野はやらせてもらえないでしょう。

友達と今週末の予定についてメッセで打ち合わせをしていたら、「谷桃子のTVが始まるから落ちる」と言って去っていってしまった。

なんだそりゃーと思って番組表をみたら、例によってテレ東。

それで思い出したのが「青い経験」と「青の衝撃」です。

まさしくこの時間(月?金の24:35?24:45)に、かつて放送されていた妙なドラマ。見てたひといますか?!

概要は、↑の「テレビドラマデータベース」にてご確認ください。

あらすじがぶっ飛んでるし、進行もよくわからない。でも、ぶっ飛んでるだけに、毎日見続けなくてもなんとかついていけていたような、そんな感じです。寝る前にはみがきしながら何の気なしに見てしまう番組。

今となってはDOGGY BAGの松尾兄弟自体懐しく(主題歌とかけっこう好きでした)、どこか不思議なドラマでした。そもそもなんでギリシアなのかよくわからないし、後者にいたっては人魚伝説とか言い始める始末。

特筆すべきことは、舞台であるギリシア・サントリーニ島の景色がとても綺麗だったということ。非常に印象的で、映像として楽しめるものではありました。ああいう予算の割り振り、さすがテレ東。21世紀もよろしくお願いしますよー。

蓼科仙境都市

| コメント(0) | トラックバック(0)

ひょんなことからふと思い出してしまった「蓼科仙境都市」。

まだ現役だったんですね。ただ、廃墟になりつつ関連施設もところもあるようで。

ずーっと昔に行ったおぼえはあるんですが、その記憶がちょっとあいまい。

  • バブルの申し子的。会員権(?)的なものがバカ高い。(うちは何かのコネで行ったんでしょう)
  • 「仙境都市」とか怪しげな名前に加え、メンバーは「市民」同士だとかなんとか、そのへんも怪しいかったような。
  • 現地までの道のりがやばい。整備不十分な砂利道とか、ガードレールのない崖道とか。しかも主要国道から分け入ることかなりの時間を要す。
  • 落石が多く(?)、時期やルートによっては道が閉ざされていることがある。
  • 標高が高いため、空気が薄く、不用意に動き回ると息切れする。
  • いたるところから雲海が望める。素晴らしい絶景。
  • 温水プールがあったような。
  • スキー場がある。夏はゴルフの打ちっぱなしになっていたような。

こんな記憶くらい。まさしく「バブルの申し子」。よくもあんな辺鄙なところ(失敬)にあれだけの施設を作って、しかも高価な会員権をばらまけものだと、感心さえしてしまいます。

今や跡形もないor整地する金もなく荒れ放題、と思いきや、主な施設は稼働しているようですし、どうやら新規会員も受け付けている模様。正気か。。。

併設された(?)小ぢんまりしたスキー場が穴場だったようですが、今は稼働しておらず、ゲレンデも木々が生い茂っているとのこと。

リゾートとしてはなかなかのものとは思います。むしろ今、興味本位で行ってみたいと思いますし。あんなに立地がよろしくない(気軽には行けない)わりに、とんでもない大風呂敷が敷かれているということに、よくわからない魅力を感じるのです。

ただ、利用したことのないひと、知識のないひとからすると、あんな山中、ふと通りがかって「仙境都市」とか看板が出てたらそれはもう間違いなくドン引き。

今日の練習

| コメント(0) | トラックバック(0)

20091016.jpg

午前中、健康診断で血をたっぷり抜かれ、抜け殻のような状態でしたが、練習はありました。。。

今日はこれまでで一番参加者が多かったです。

  • 柔軟ストレッチ
  • キャッチボール
  • 素振り
  • バッティング練習(軽く)
  • 内野想定ノック(場所が限定されていたため)

こんな感じのメニューでした。

柔軟なんて久々にやってびっくり。長座体前屈はだめだめ、股割なんて絶望的。こんなに硬くなってるとは思ってもみなかったです。こりゃなんとかトレーニングしないといけませんね。

守備練習でも相変わらず「重心が高すぎる」と怒られる始末。前途多難。

採血のせいて多少ふらつきながらも、いい練習となりました。

明日は年次の定期健康診断がありますので、夕食は21時までに済ませないといけない。

ということでさっさと帰ればよかったのですが、退勤間際に急な仕事が入り、結局帰宅していると21時までの食事に間に合わない状況に。

仕方なく、いきつけの蕎麦屋(そばは好きな食べ物のひとつ)に行って、珍しい梅そばとカツ煮をいただいたのでした。ここのカツ煮はなかなかの絶品です。お値段もクオリティにしては良心的。

普段独りで外食なんてまったくといっていいほどしない人間なので、なんとも新鮮な感じでした。ただ、明日の健康診断だけが気がかりです。結果どうこうではなく、採血がこわい!!

引き続き練習

| コメント(0) | トラックバック(0)

本日も練習がありました。ベテランの方々は、やり始めると自然と声が出てるのには驚きました。

  • キャッチボール
  • トスバッティング
  • バッティングフォーム改善
  • 軽いバッティングと内野守備を想定した捕球?送球の練習
  • ピッチング練習

こんなところです。

特にトスバッティング(ペッパー)はいい練習になりました。言われた通りにやると、きちんとミートするようになってきます。バッティングの音もいい音が出るように。ただ野球でもそうなのですが、どうしても球を迎えに行ってしまうクセがあるので、修正していかないといけません。

あと、私はピッチャーの予定はないのでピッチングはやりませんでしたが、ピッチャー経験者がちょっとだけ投げ込みしました。そのレベルの高さには感動。キャッチャーに入って何球か受けましたが、球速、重さ、コントロール、どれも素晴らしかったです。

そんなに長時間やってるわけではないのに、かなり汗をかきます。これ毎日やったらけっこう健康的かも。

練習初め

| コメント(0) | トラックバック(0)

大会にそなえて本日から強化練習を開始しました。(笑

原則として、1時間の昼休み時間から、食事に要する時間を差し引いた数十分が、我々に許された時間です。土曜日とかにもできればいいのですが、なかなか予定を合わせるのが難しいのが実情です。

それほどガチな大会ではない(と思う)ので、それほど激しい練習をする必要はないのですが、選抜メンバーに内定している女性2名が経験者ということで、まあとりあえず肩慣らしでもしてみましょうか、ということに。

#ちなみに私は例によって守備がアレなので、今回もDPの予定です。

先週末にやらかした野球のせいでわりと全身ギシギシ気味(情けない・・・)の中、とりあえずキャッチボール練習から。

キャッチボールはすべての基本、ということで始めてみたものの・・・経験者の2人はやっぱりレベルが違う! そもそも動きが違うし、投球フォームも相当やりこんでるな、と思わせる筋の入りっぷり。

  • キャッチボール(軽いものから素早いものまで)
  • 投球・捕球フォーム改善
  • 内野守備を想定した送球練習(ゴロ捕球→送球等)

今日のところはこんな感じのメニューでした。

捕球の基本的な構えから、腰をもっと落とすこと、捕球から投球までのタイムラグをもっと短く、などなどご指導をいただきました。経験者から教えていただけるのは大変ありがたいことです。

#最後の用具片付けまで完璧でした。

レフトの仕事

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日は久しぶりの野球。仕事後ぎりぎりのスケジュールだったので、球場までのダッシュだけでもいい運動になってしまいました。

いつもは草野球ではあまり球が飛んでこないライト(笑)に入るのですが、今日はレフトに入れてもらいました。

私の苦手なきわどいフライ(きわどくなくてもアレなんですけどね!)はありませんでしたが、いい感じで捕球できた早いゴロがファールだったり、見事に左中間に運ばれたりと、致命的なミスはないものの、もうひとがんばりしたかったですね。

レフトなんてめったに入らないので、久しぶりに入っていろいろと気づくことがありました。

まず、けっこうセンター寄りに陣取るので、右側がどのくらいあいているのかが非常に気になります。打者の左右によっても立ち位置を考えないといけないですし、前進、バックの調整の必要もあります。サードのフォローに入る必要も考慮しなければいけない。

慣れの問題もあるのでしょうが、とても気を遣う守備位置だなあと感じました。いつもレフトの方、お疲れ様です。

#特に小野ね!

打っては、ショートゴロに三振2発と、ほんとに何しに行ったかわからない成績。チームのみなさんすいません。。。ちょっとバッティングセンター通わないとだめだこりゃ。

ナハ1運用離脱

| コメント(0) | トラックバック(0)

中原電車区のナハ1(川崎重工)が運用を離脱し、長野に回送されたとのこと。新製当初から南武線に投入され、編成番号「1」を冠していた生粋の南武線用209系なだけに残念です。

そして、当初のまま活躍する209系0番台1次車はついに姿を消したことになります。

京浜東北線の209系もどんどん減っている中、同時期に投入された南武線用からも離脱が出ても不思議ではありません。南武線には、京浜東北線から改造のうえ転入した209系2200番台が2編成12両が仲間に加わったばかり。ようやく209系との遭遇率も上がりそう?と思った矢先のナハ1の離脱は残念で仕方ありません。

離脱直前、正面表示機がLEDからマグサインに交換されていました。どうやら京浜東北線から転入したナハ52の表示機と交換された模様です。少しだけの間だけでしたが、ナハ1は登場当時の顔に戻った形となりました。先日京葉線用の201系が、自力回送のためにパンタグラフを交換され、間もなく運用を離脱したケースもありましたが、このように廃車のための準備のような改造は、何とも悲しいですね。

新たに加わった2200番台は、行先表示機はLEDに、インバータはIGBTに交換されています。スマートな外見だけでも残ってくれたのはうれしいことですが、E231系やE233系の色が濃く出ているように思います。まあ、E231系やE233系は209系の後継機種ですから、当たり前のことなのでしょうが。

これで南武線の209系当初形式はナハ32(東急車両)だけになりました。8次車ですから、ナハ1のようにすぐに廃車されるのは考えにくい(考えたくない)ですが、転入組のインバータがIGBTに交換されたところからして、今後のメンテナンス性を鑑みると、ナハ32がこのままGTO素子でがんばり続ける可能性は低いように思います。

ナハ1はどうやら廃車前提で配給回送されたようですから、ナハ32の行く末も気になります。一度運用を外れて、2200番台に改造されて戻ってくるというパターンも考えられます。

南武線の209系(0番台)は、投入当初から4M2Tという強力なMT比に驚いたものです。京浜東北線が4M6T、千代田線乗り入れを前提とした常磐緩行線用でも6M4Tですから、いかに強力かがわかります。それゆえ、モータの制御系をカスタマイズしていたようで、起動音がやたらと間延びしておもしろい感じになっています。これももうナハ32でしか聞けませんし、ぼちぼち聞き納めとなることでしょう。

ナハ48(205系)も運用を抜けるなど、南武線の運用が少々あわただしくなっています。

アーカイブ