消えた地名

| コメント(0) | トラックバック(0)

山手線の「原宿」や「田町」は今はもう地名として残っていません。住居表示実施にともなって消滅した地名で、それぞれ神宮前、芝・三田になってしましました。

昔の地名が駅名にだけ残っているところって、他にもけっこうありそうです。

区画整理や住居表示の実施は、文字通り住居の表示をよりわかりやすく、効率的にするための施策です。それにしても、由緒正しい地名がざくざく消えて行ったのは残念なことです。

こうして消えて行った地名が、現在でも地元の店舗や公共施設、道路、鉄道施設などにその名を残していることがあります。

***

神田周辺も、たくさんの「消えた地名」がある地域のひとつです。現在でも神田○○町としている地域は住居表示を実施していないところで、外神田・内神田・西神田・東神田などでは住居表示実施済みの地域です。住居表示により、神田末広町などが消滅しています。

特に神田は、歴史の中で何度かの変遷を遂げています。

市制が敷かれて発足した東京市神田区の時点では、すでに神田○○町がいくつか存在していたようです。しかし明治時代に行われた町名変更で、神田の冠称が外されています。

終戦直前、東京府と東京市の合併により東京都神田区となりましたが、戦後まもなく麹町区との合併で東京都千代田区となります。このときに、旧神田区の地名には一律「神田」を冠する変更が実施されました。これにより、ふたたび神田○○町が復活しました。

その後昭和時代に実施された住居表示では、いくつかの神田○○町が「○神田」となりました(外神田、内神田、西神田、東神田)。また、神田猿楽町、神田三崎町、神田一ツ橋はそれぞれ猿楽町、三崎町、一ツ橋となり、またも神田の冠称が外されたのでした。中でも神田鍛冶町、神田岩本町はそれぞれ鍛冶町、岩本町となりましたが、一部未実施の区域が残ったため、神田鍛冶町、神田岩本町も現存しており、神田が冠されるところとそうでないところが混在する形になっています。

これら神田周辺の「神田○○町」と同じようなことが「日本橋○○町」にも見られ、経緯も似ています。こちらは日本橋区と京橋区が合併して中央区が発足した際に、旧日本橋区の地名に「日本橋」が冠されました。なお神田地域と違い、日本橋地区では住居表示が進んでいますが、基本的に旧町名を引き継いだ形で実施されているのが特徴です。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yamais.net/mt6/mt-tb.cgi/71

コメントする

アーカイブ