2009年5月アーカイブ

YAMAHAのプレイヤーズ王国(旧称・今なんていうんだっけな)でアマチュアのウマい人を見つけるのがすごい楽しいのですが、今度はYoutubeで発見。

「gkhkr311」さんです。

http://www.youtube.com/watch?v=5e57kKasi94

http://www.youtube.com/watch?v=R1EZK74BL5s

うーむ。素晴らしい。。。

一番大切なデータは、センチュリー製『裸族の二世帯住宅(CRNS35EU2)』に、ST31000340ASを2台入れて、RAID1(ミラーリング)して運用しています。

ただしこれはディスクの物理的な障害対策でしかないため、間違って削除してしまった、上書きしてしまった、といったヒューマンエラーには対応できません。また、ディレクトリ構造がおかしくなるなどの論理エラーに対しても意味がありません。

よって、RAID1で防護できるハードウェアエラー以外の障害対策として、余っている(このあたりがふつうじゃない)WesternDigitalのWD10EACS(1TB/5400rpm/16MB)へ、定期的にフルバックアップを仕掛けています。

裸族の二世帯住宅は、eSATAに対応している点が便利です。数百GBともなるデータのフルバックアップを、USB2.0でやっていると大変な時間がかかってしまいます。

USB2.0って実際どのくらい出てるのかなーとためしにベンチマークとってみました。

20090510_razoku.jpg

CrystalDiskMark 2.2 (C) 2007-2008 hiyohiyo

  • Sequential Read :   26.162 MB/s
  • Sequential Write :   19.605 MB/s
  • Random Read 512KB :   22.365 MB/s
  • Random Write 512KB :   18.090 MB/s
  • Random Read 4KB :    1.078 MB/s
  • Random Write 4KB :    1.257 MB/s

Test Size : 100 MB

測定マシンは以下のとおり。

IBM ThinkPad T61 7662-A14:Core2Duo T7500(2.2GHz)/4GBRAM/64GBSSD

本体のUSBポートに接続して測定。

まあ、こんなもんでしょうね。USB2.0にしてはよく出ているように思います。完全にインターフェイスがネックになっていることがわかりますね。

4Kのランダムも思っていたよりいい結果です。

Youtubeには、コンクールや発表会など「合唱」の様子を撮影した動画が多く掲載されている。技巧的な評価はさておき、どれも素晴らしいものばかりである。むしろ、小学生や中学生による一見歌唱力に乏しいような合唱であっても、プロの歌い手にも表現することの難しかろう独特の雰囲気や感情が含まれていて、聞く者の心に強く訴えかけてくる。

Youtubeのコメント欄には、当時のことを一瞬にして思い出した、あのころはたのしかったなあ、といった内容の書き込みが多くみられる。たしかにそのとおりなのである。それだけ「歌を歌うということ」が印象的な出来事であるにちがいない。しかも、合唱曲は自分ひとりで成り立つものではない。仲間との練習の末に初めて完成する。

練習のときには、自分の歌声がどの程度全体に影響しているかということなど意識しないことが多い。しかし、一人ひとりの歌声があっての合唱、発表会なりで最終的に形として完成したとき、他ではなかなか体験できない達成感を得ることができるのである。

***

と、いうことで、勝手に私のお気に入りの曲をご紹介しておきます。

  • 『旅立ちの日に』 作曲:坂本浩美 編曲:松井孝夫 作詞:小嶋登
  • 『マイバラード』 作曲:松井孝夫 作詞:松井孝夫
  • 『BELIEVE』 作曲:杉本竜一 編曲:橋本祥路 作詞:杉本竜一
  • 『TOMORROW』 作曲:杉本竜一 編曲:橋本祥路 作詞:杉本竜一
  • 『時の旅人』 作曲:橋本祥路 作詞:深田じゅんこ
  • 『夢の世界を』 作曲:橋本祥路 作詞:芙龍明子
  • 『ひろい世界へ』 作曲:橋本祥路 作詞:高木あきこ
  • 『若い翼』 作曲:平吉毅州 作詞:きくよしひろ

橋本先生の曲は非常に印象的です。

そういえば、Seagate事件(ファームウェアがおかしくて二度とアクセスできなくなるという例の件)で釣られたあとについうっかり買ったのを思い出した。。。

SAMSUNG HD154UI 1.5TB/5400rpm/32MBキャッシュ/500GBプラッタ、というモデルです。サムスンにはあまりいい思い出はないのですが、Seagateにヤラれた直後だった(被害は受けてないけど、該当ロットだったっぽい)ため、Seagateがだめとなると1.5TBのベストチョイス(?)がこれっぽかったこと、それから値段が安かったこと(@10,000円くらい)、などの理由で購入。今となってはそれほど馬鹿安ではないけれど、つい。食わず嫌いはいけないということで、使ってみました。

買った後放置してたもんで、ようやく本運用になりました。運用方法は、RAID1(ミラーリング)しているeSATA/USB2.0のHDDを、さらに保安度を高めるためにシャドウコピーするという形です。

先日購入したLogitecのLHR-DS02SAU2にぶっこんで使う。

20090508_HD154UI.jpg

なぜか2台買ってしまった。ミラーリング用に使うことも想定して、だったと思う。

20090508_HD154UI.png

5400rpmということでこんなもんでしょうか。ランダムリードがよろしくないですね。

CrystalDiskMark 2.2 (C) 2007-2008 hiyohiyo

  • Sequential Read :   89.051 MB/s
  • Sequential Write :   88.913 MB/s
  • Random Read 512KB :   43.258 MB/s
  • Random Write 512KB :   64.695 MB/s
  • Random Read 4KB :    0.700 MB/s
  • Random Write 4KB :    1.438 MB/s

Test Size : 100 MB

LogitecのLHR-DS02SAU2を、同LogitecのLPM-ECSA32にeSATA接続した結果です。

そのわりには控えめなベンチマークになってしまいました。

とりあえず不自由なく使えてるのでよしとします。

少なくとも、電源を入れたとたんにアクセスできなくなって、メーカーに出さないと解決しない某社のファームウェア不具合に比べると、圧倒的に安心感があるように思います。釣られたからって皮肉ってすいません!!

GWといっても、私は暦どおりという具合だったので、それほど大型連休って感じでもなかったです。しかも、仕事の都合上、特に後半は東京から離れることができなかったのです。

この時期海外とか行く人、いいなあ!

他の時期には行けない人としては、背は腹に変えられぬ、ってことでしょうけれど、いかんせんお金がかかる。この時期は国内の温泉で豪遊、とかのほうがいいかなあ。でもまあ、国内は国内でどこも予約いっぱいなところばかりみたいですし、私はそのどちらもかなわなかったわけです。

5月2日の土曜日は、午前中仕事があったりでアレでしたが、午後は知人の個展に行ったり、大学時代の友達の家でおなべしたりとけっこう充実した一日でした。

暑いのにおなべかよ、って思われるかもしれませんが、外食するよりもずっとコストパフォーマンスが高く、それでいて豪華な食事が楽しめます。ビールと赤ワインがほどよく空いたところでおひらきとなりました。後片付けも段取りよくやればそれほど面倒ではありません。いつもお邪魔するお宅の方にはお気遣いいただきありがとうございます! そこはどうか手土産のヒロタの冷たいもので許してください。

それより、こちとらまだ連休に入ってないのに、TVのニュース番組とかで「大型連休も後半に入ったきょう」みたいな言い方で高速道路の渋滞などを伝えられると、あ、もう終わりなんだ、って気分に。29日から連休とかありえない。でもまあこのご時世、仕事が忙しいのはありがたいことです。

5月5日は中学来の知己4人で集まって、朝から手指の運動です。煙草の紫煙が充満するフロアで、一辺数十ミリ程度の直方体の陶器のようなものを、時に独特のコールを発声しつつ熱心に積んだり並べたりする競技に熱中しました。

学生時代から折を見ては集まっていますが、近年、メンバーの中にも妻帯者が出てきていて、なかなか集まりにくくなるものかと懸念しています。いまのところはなんとか大丈夫そうです。

長年いきつけのお店に、大型の空気清浄機が新設されていて、以前よりは空気がよくなっていました。われわれメンツには喫煙者がいませんので、ありがたいことです。このテの店で禁煙のところってないのかなあ。

途中からは飲酒しながらの競技になり、時に手元が狂うこともしばしば。集中力と精神力を鍛える場でもあるのです。

いつも軽く10時間くらいはやっていますが、その間も話の尽きることはありません。終了後は近隣の居酒屋などで反省会、というか、競技しながらだと話せないような難しい話とか、まじめな話をします。で、状況によってはそのまま歌いにいったりしてオール、なんてことも。今回は翌日仕事を控えていた人もいたので終電前にはおひらきとなりました。

で、↑以外の日は基本的に部屋の整理か勉強してました。地味な連休だったねー。

連休最終日、これでもかというほどの悪天候で、なんか明日からの日々を物語ってるように思いましたけど。連休の報告おしまい。

消えた地名

| コメント(0) | トラックバック(0)

山手線の「原宿」や「田町」は今はもう地名として残っていません。住居表示実施にともなって消滅した地名で、それぞれ神宮前、芝・三田になってしましました。

昔の地名が駅名にだけ残っているところって、他にもけっこうありそうです。

区画整理や住居表示の実施は、文字通り住居の表示をよりわかりやすく、効率的にするための施策です。それにしても、由緒正しい地名がざくざく消えて行ったのは残念なことです。

こうして消えて行った地名が、現在でも地元の店舗や公共施設、道路、鉄道施設などにその名を残していることがあります。

***

神田周辺も、たくさんの「消えた地名」がある地域のひとつです。現在でも神田○○町としている地域は住居表示を実施していないところで、外神田・内神田・西神田・東神田などでは住居表示実施済みの地域です。住居表示により、神田末広町などが消滅しています。

特に神田は、歴史の中で何度かの変遷を遂げています。

市制が敷かれて発足した東京市神田区の時点では、すでに神田○○町がいくつか存在していたようです。しかし明治時代に行われた町名変更で、神田の冠称が外されています。

終戦直前、東京府と東京市の合併により東京都神田区となりましたが、戦後まもなく麹町区との合併で東京都千代田区となります。このときに、旧神田区の地名には一律「神田」を冠する変更が実施されました。これにより、ふたたび神田○○町が復活しました。

その後昭和時代に実施された住居表示では、いくつかの神田○○町が「○神田」となりました(外神田、内神田、西神田、東神田)。また、神田猿楽町、神田三崎町、神田一ツ橋はそれぞれ猿楽町、三崎町、一ツ橋となり、またも神田の冠称が外されたのでした。中でも神田鍛冶町、神田岩本町はそれぞれ鍛冶町、岩本町となりましたが、一部未実施の区域が残ったため、神田鍛冶町、神田岩本町も現存しており、神田が冠されるところとそうでないところが混在する形になっています。

これら神田周辺の「神田○○町」と同じようなことが「日本橋○○町」にも見られ、経緯も似ています。こちらは日本橋区と京橋区が合併して中央区が発足した際に、旧日本橋区の地名に「日本橋」が冠されました。なお神田地域と違い、日本橋地区では住居表示が進んでいますが、基本的に旧町名を引き継いだ形で実施されているのが特徴です。

すでにお祭り(ファームウェアトラブルをめぐる一件)は終わったようですが、私のリポートはいまさらです。

昨年末、Seagateの1.5TBがものすごい値下がりしていたのをいいことに、ST31500341ASを3台やらかしていました。

直後、ネット上を中心にファームウェア不具合の件で騒然。小売店も販売を一時的にとりやめるなどのトラブルになりました。

トラブルの内容は、電源OFF後、再投入したときにディスクにアクセスができなくなって終了?、というもの。どうかしてるw

最終的にはSeagateが不具合を認め、ファームウェアアップデータを公開するにいたりましたが、ファーム更新が必要かどうかを検定するためのオンラインシステムは、その検索結果がちょこちょこと変動したり、途中そもそもサイト自体が休止したりと、とにかくひどい有様。

結果が毎度一致しなかったわけではありませんが、当初アップデート必要とされていたモデル・シリアル番号で再度検索してみると、今後は対策の必要はありません、と変わったのは実際私が体験したケースです。これはいけません。

私が購入した1.5TB3台は、Seagateによると一貫して「不具合の対象ではない」とのこと。しかしネット上では同じロットでいくつかのトラブル報告がされていたこともあって、大変不安に思いました。もちろん、このトラブルが今回のファームウェア不具合のいっさい関係ない、単なる初期不良や一定の確率で発生しうる故障である可能性も否定できませんが、それにしても報告事例が多いような気がしました。

私は根っからの「シーゲイ党」で、家で使っているHDDもほとんどがSeagate製のものばかりなので、今回の件はとても残念に思います。全部置き換えるほどにはいたっていませんが、この熾烈な価格競争のせいなのか、かつての安心感も今は昔、ということなのでしょうか。

運用しているのは、ST31000340AS4台、ST31000333AS1台。こいつらも不具合の対象でなければいいのだけど。Seagateが大丈夫と言っていても、不安は不安です。

20090505_ST31500341AS.jpg

こうなったら、ミラーリング用途にでもして、自分の気を紛らわせるしかありませんね!

一応、この2台に入れていたデータは、事後に購入したSAMSUNGの1.5TBに移動させました。。。

で、せっかくなのでベンチマークを。LogitecのLHR-DS02SAU2に入れて、同LogitecのLPM-ECSA32でeSATA接続しています。

20090505_ST31500341AS.png

CrystalDiskMark 2.2 (C) 2007-2008 hiyohiyo

  • Sequential Read :   108.0 MB/s
  • Sequential Write :   98.46 MB/s
  • Random Read 512KB :   40.51 MB/s
  • Random Write 512KB :   72.26 MB/s
  • Random Read 4KB :    0.618 MB/s
  • Random Write 4KB :    1.319 MB/s

Test Size : 100 MB

シーケンシャルの読み書きはすばらしい結果ですね。さすがeSATA。

ランダムアクセスのほうは控えめな結果になりました。Logitecの外付けケースのせいなのか、そのへんはまだ未検証です。

YAMAHAのサイレントギター(アコースティック)を愛用しているのですが、突如2B君が切れてしまいました。

ギターぐらいやってれば弦なんざ切れて当たり前、なのでしょうが、私の場合、普段からごりごり弾いているわけではないので、自然に切れるなんてことはまずないのです。

取り急ぎ御茶ノ水の楽器屋さんで2Bだけ買いました。どのメーカーとかあまり詳しくないので、無難にYAMAHAのものを選びました。もちろんライトゲージ(FS522)。92円。お安いですね。

で、後日、音楽を生業にしている知人に話を聞いたら、ギターの弦は切れなくても適当な時期を見て交換したほうがいいらしいのです。。。

たしかに張り替えた2Bだけが光り輝いていて、他の弦はちょっと曇り気味なのでした。早速また御茶ノ水に出かけて、今度は6本セットで買いました。やっぱりYAMAHAのライトゲージ、FS-50。中には6本それぞれパッケージに分かれていて、1Eから順にFS-51?FS-56まで付番されていました。

久々に全部の弦をはずして、ついでにお掃除しました。張り替えを済ませると、弦がピカピカになってて気持ちがいいですね。弾き心地もだいぶよくなりました。今後はもうちょっとメンテナンスしてあげないとだめですね。

アーカイブ