寝台特急「はやぶさ」「富士」ラストラン

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日3/14のダイヤ改正をもって、東京?熊本・大分を結ぶブルートレイン「はやぶさ」「富士」が運行を終了し、その半世紀にわたる歴史に幕を下ろしました。

現状の利用状況を考えると、たしかに継続困難なことは理解できますが、東京口のブルートレイン全廃というのは、無念のことこの上ありません。ほんの少し前までは、はやぶさ、富士以外にも、あさかぜ、さくら、銀河、出雲とたくさんの寝台列車が走っていたのに。

JR東日本・東海・西日本・九州と4社をまたぐことや、車両の保守・運用のこと、ダイヤ上の他列車への影響なども考えると、今まで続けられていただけでも御の字?でしょうか・・・。

折しも2011年には、新大阪?鹿児島中央直通の新幹線「さくら(予定)」が運行開始を予定しており、自然の流れと言えばそれまでです。

九州新幹線開業時には鹿児島本線が分断され、並行在来線分離で設立された第三セクター「肥薩おれんじ鉄道」が開業し、いよいよ九州口の在来線も本格的な整理が始まってしまったな、という感じがします。

せめて波動対応ということで、レジャーの季節だけでも運行してもらいたいですね。そのためにスジ空けとくわけにいかないから、貨物とかに抜かれまくるダイヤになるんでしょうが、ゆったりした列車の旅を楽しむなら、ノロいほうがありがたいです。

最後にyoutube動画をご紹介。

http://www.youtube.com/watch?v=ecdyRjgO-ho

↑幅約20mの「ありがとうブルートレイン」のボードとペンライトでお別れ。多摩川・六郷大橋付近にて。長い汽笛が印象的。

http://www.youtube.com/watch?v=6NMbadImMy0

↑NHKのもの。権利モノなので削除されてしまうかも。アナウンサーのコメントが印象的。

新聞記事によると、石破農相も「個人的には残念」とのコメントを残したようですね。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yamais.net/mt6/mt-tb.cgi/62

コメントする

アーカイブ