『HA・RU・NA・TSU・A・KI・FU・YU』(Ya-ya-yah, 2003)

| コメント(0) | トラックバック(0)

Ya-ya-yahの代表的なオリジナル曲。

元気があってとても良い。

鈴木Daichi秀行作曲、作詞は酒井ミキオ。

オリジナルのキーはF?F#だったはずなのに、最近はキーを下げているみたい。

ひょっとしてサビでCmajまで落としている?SUGEE

となればディグリーで・・・。(細かい部分は触れないでください)

I→V→VIm→IIIm→IV→III7→VIm→Iadd9(VIsus4-VIm)

IV→V→III7/bVI(bVIdim)→VIm→IV→V→I

最後の部分はVIm→IIm→V→Iといくと、完全四度上昇パターンの繰り返しになり綺麗に見えますが、IImの部分のメロディーラインはIVの構成音に近いのでVIm→IV→V→Iのほうが自然のように思います。ちょっとアレンジして

IV-VIIdim/V-IV/VI→V→I

というふうにもできますが、ちょっとくどいかも。

途中に出てくるダイアトニック外のIII7が強いアクセントになっています。

個人的にはIII7やIII7/bVIは、VImへのパッシングbVIdimの役割である場合が多いように思いますが、一方で、実際に弾くとおかしいこともあります。(III7のほうが自然なときも多々ある)

Cmajも良いですが、やっぱりF#のほんわかした様子とは少しニュアンスの違いを感じます。

なにしろF#は黒鍵を全部使うわけで、鍵盤楽器では特に音が柔らかくなりますし。

とにもかくにも、こういういい曲はCDで聴きたいですね。

Ya-ya-yahといえばたしかSTART(だっけ?)もF#のような気がします。

最近はHey! Say! JUMPとかのほうが目立っていてすっかりなりを潜めてますね。

Hey! Say! JUMPからでもいいから出して欲しいなあ。(出てもCmajバージョンかな?)

*****

それはさておき。

この記事に記述したコード進行は、当該の楽曲を音楽的に評価するための目的において、私個人が感じた曲のイメージを表現したものにすぎません。間違った解釈がなされた部分が存在する可能性がありますが、故意に作品の価値を低めようとしたり、否定的な評価や印象を与えようとする意思はいっさいありません。また著作者、著作権者の権利や意義主張を侵害しようとするものではありません。

つきましては、このページに関して、問題となる部分があるとお感じになった方がいらっしゃいましたら、ご指摘くださいますようお願いいたします。すみやかに修正、削除等の要請に応じます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yamais.net/mt6/mt-tb.cgi/30

コメントする

アーカイブ