CANON EF-S17-55IS(17-55mm F2.8 IS USM)

| コメント(0) | トラックバック(0)

20081229.jpg

ついにやらかした。いままではSIGMAの18-50mm F2.8を愛用してきましたがついに。。。

CANONでデジイチを始めたときからずっと欲しかった機種で、ウズウズ我慢していただけに、高い買い物にしては珍しく後悔していません。(高価な衝動買いをするとたいてい後悔するものです)

CANONからは先日50D登場と同時にデジイチ用のIS付きEF-S18-200mmが発売され、評判はなかなのもので、その影響もあってか、17-55ISの値段が少し落ち着いている気がします。

それでも普通に買うと9万は当たり前。某大手カメラ量販店に相談してポイント還元込みで勉強してもらっても、やっぱり9万はくだらない。

そんなわけで、チキンな私は今回たまたま新古的な扱いで出ていたブツを買いました。3年保証付きで8万円以内に収まったのでとりあえずよしとします。新古的に扱われていたので、クオリティが気になりますが、いろいろ使ってみて明らかにおかしかったら早速メーカーに調整してもらえばいいかな、くらいに思っています。

しかしメーカー出ししたら「シリアル番号がおかしい」などとと言われて門前払いにあったら泣ける・・・。へんな店で買ったわけじゃないので、そこまでひどいことにはならないと高をくくっています。けどまあそのときはそのときで。貧乏人はわずかな差額をケチるかケチらないか、けっこう重要なことなのです。でもそれが後々高くつくこともしばしばあるのですが。

それから、今回この玉を買ってしまったのにはもうひとつ理由があります。それは、職場の先輩がRICOHのGX200を購入したこと。購入早々サンプル写真を送っていただいたのですが、これがまた綺麗。コンデジでもこんなに綺麗に撮れるのかと感激しました。そして35mm換算で24mmの広角もすごい。あれだけ広角だとおもしろい絵が撮れそうです。

そんなことがあり、私もすっかりハイエンド・コンデジに手を出す気になっていたのですが、ふと予算を考えると、ずっと前から欲しかった17-55ISのことが頭をよぎり。。。

ちなみに、先日「キミの写真はつまらんぞ!」とご指摘くださった女史は、RICOHのGR使い。単焦点なのがいいんだそうで。そういえばカメラ好きの知己も、単焦点で開放F値は2.8より明るいやつじゃなきゃ、とか言ってましたっけ。やっぱり行き着く先は単焦点なのか。

私も単焦点は好きで、35mmくらいの標準単焦点でフィールド勝負、なんておもしろそうですが、やっぱり普段持ち歩くとすると、17-55mm(35mm換算で27mm-88mm)くらいの標準ズームがありがたいのです。

さて、今回は作例まで間に合いませんでしたが、触ってみた感想だけ忘れないうちに。(SIGMA 18-50mm F2.8との比較)

  • 広角側1mm、望遠側5mmの違いはそれほど感じない。ただ撮影してみるとたしかに画角は違う。まあ広いに超したことはないかなあという程度。
  • ファインダーをのぞいたときの明るさは同じくらい。CANONのほうがおとなしめな感じ。SIGMAのほうが好印象に感じる人が多いかも。
  • 重さは数百グラム重たくなったものの、もともとボディ自体も重いので、それほど苦にならない。
  • 合焦は圧倒的に速い。とにかく敏速で衝撃的。やっぱりUSMがついていると違うのか。あとは純正だということも一因か。
  • 抜群のIS性能。SIGMAには手ぶれ補正機能がない。昼間の屋外や明るい室内であれば手ぶれ補正がなくてもいいが、夕方、夜間、屋内では心強い。SIGMAではよほど気をつけて(あるいは三脚で対応)撮影しないと手ぶれしてしまうシーンでも、CANONのISのおかげで手持ちでも十分に対応可能。手練れた方の中にはISはむしろ不要、という方もいるが、私のような素人にはかなりありがたい機能である。撮影が楽しくなりそう。
  • AF合焦のあとに、手動でピントをいじれるのも地味にありがたい。
  • 画質の差はそれほど感じないが、並べて比較してみると鮮明さは十分に実感できる。ただし、ブラインド状態から両方を見せられて「どっちがCANONでどっちがSIGMAでしょう?」と聞かれて判別できるかは微妙。

ということで、この年末年始は17-55とともに臨みたいと思います。レポートはまた後日。(たぶん)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yamais.net/mt6/mt-tb.cgi/29

コメントする

アーカイブ