久米田康治『かってに改蔵』

| コメント(0) | トラックバック(0)

アニメ『さよなら絶望先生』でお馴染み久米田先生の傑作。

絶望先生よりももっと強気でこわいものなし感がたまらない漫画です。

前半の学園モノを思わせる雰囲気も魅力のひとつでしたが、中盤は風刺的な色が濃くなり、終盤戦はどこか退廃的なムードも漂うという、ある意味で起承転結がはっきりした作品といえるかもしれません。

中盤(10巻?15巻くらい?)は大人の諸事情が見え隠れしたりして、とくに刺激的。

これほどまでにアグレッシブ(しかも少年誌上で)な作品が、今後出てくるでしょうか。

「絶望先生」はちょっと角がとれたような感じで、まだまだ見所の多い作品。こちらにも注目したいと思います。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yamais.net/mt6/mt-tb.cgi/1

コメントする

アーカイブ